当会について

公益社団法人大分県臨床工学技士会は、生命維持管理装置の操作と保守点検と多様化する医療機器の安全確保を担う専門職の団体として、臨床工学に関する知識の普及・啓発ならびに会員の学術技能の研鑽および倫理の高揚を図り、大分県における福祉、医療の発展に寄与することを目的とした非営利職能団体です。

理事長あいさつ

 新年明けましておめでとうございます。
会員皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
ラグビーワ-ルドカップでの日本の活躍は私の心を揺さぶり勇気と活力がわいてきました。皆さんは、どうでしたか? 私はにわかファンでなく新日鉄釜石のファンでV7の頃からずっとラグビーを応援していました。早明戦も大好きです。
さて、流行語大賞のONE TEAM(ワンチーム)どう思われましたか?私は良い言葉だと思いました。
ONE TEAM(ワンチーム)」とは、「1つのチームとして」という解釈だと覚えておけばいいでしょう。
団体競技や集団で1つのこと(仕事も含めて)を行う時に、その皆の力で(1つにして)という意味で使います。
「ONE TEAMで戦おう」とすると、皆で1つのチームとしてまとまって戦おうという意味になり、全員に共通した1つの目標に対して頑張ろうと表現したい時には最適な言葉です。
令和の時代、公益社団法人大分県臨床工学技士会(公社分臨工)の組織力強化のためにはONE TEAMでなければなりません。次世代皆様新しい思考で公社分臨工の技士会運営に携わってみませんか? 第11回大分県臨床工学会では学会長や新理事の提案で新しい学会運営にチャレンジいたしました。最優秀演題賞を参加者全員で携帯を使用して投票するなど私には考えつかなかったことです。まだまだ次世代の皆様このような運営・企画があるなど考えていることだと思います。もしかしたら理事の年齢が高く意見を言いにくいのかもしれませんが黙っていたら何も変わりません。しかし意見を言うばかりではだめです。責任ある行動(委員になり発言する)で示してください。令和の時代これまで築き上げてきた(県の行政・透析医会・大分人工透析研究会・患者会)ことは、より絆を深く、新しい思考にも耳を傾けていきたいと思っています。
さらに大分県行政とのロボット産業との連携を考えています。第11回大分県臨床工学会で別府湾腎泌尿器病院院長の佐藤先生が講演されたITを使用した手術ロボットが増加しそれを臨床工学技士が管理する時代が近年必ず来ます。公社分臨工は時代に乗り遅れないように来年ロボット産業とのイベントを開催することをお約束いたしたいと思います。
更なる会員の皆様のご協力をお願い致しまして新年のご挨拶とさせて頂きます。

公益社団法人大分県臨床工学技士会
理事長 小川 一

理事一覧

役名 担当職務 氏名 現職
理事長 小川 一 医療法人聡明会 児玉病院
副理事長 学術・渉外 垣迫 浩昭 医療法人社団正央会 古城循環器クリニック
副理事長 災害・広報 田邊 裕司 帰巖会 みえ病院
理事 事務局 高畑 智浩 大分医師会立 アルメイダ病院
理事 事務局・渉外 姫野 栄一
理事 組織 小野 信行 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
理事 学術 中田 正悟 社会医療法人 敬和会 大分岡病院
理事 災害 福泉 剛生 独立行政法人 地域医療機能推進機構 南海医療センター
理事 広報 永松 寛史 社会医療法人三愛会 大分三愛メディカルセンター
理事 渉外 薬師寺 芳郎
監事   大石 義英 東亜大学

定款

定款・細則(PDF)

透析技術認定士、呼吸療法認定士の取得、更新に必要な点数について

3学会合同呼吸療法認定士

認定講習会 受講資格

 過去5年以内に、認定委員会が認める学会や講習会などに出席し、12.5点以上の点数を取得すること。

認定更新制度

 認定更新は定められた期間内に合同専門委員会に申請し、認定される事により行なわれます。 5年毎に認定の更新を必要とし「呼吸療法認定士認定更新に必要な点数取得基準」に記された学会・講習会等への出席および論文発表などによって総得点50点以上を取得し、取得点数証明書など更新手続きに必要な書類一式を認定委員会へ提出すること

透析技術認定士

認定更新の基準

 透析技術認定士の更新希望者は認定証の始めの日から更新申請日までの間に、透析療法合同専門委員会で規定する当委員会の母体学会学術集会に1回以上出席していること。
認定証の始めの日から更新申請日までの間に、透析療法合同専門委員会が規定する学会、講習会などに出席する事により点数を取得し、取得点数の合計が5年更新で50点以上であること。

上記、認定資格では、取得・更新に必要な点数の取得基準が設けられています。今後、公益社団法人 大分県臨床工学技士会では、これら認定資格に必要な点数の確保に努めてまいります。是非ご参加ください。

ページの先頭へ戻る